変色したら

自分のアクセサリーが変色したら、どのような兆候なのか、本日はその変色についてを詳しくご連絡させていkただきます。

金はもともと大変安定した元素なため、あまり変色はないとは思うのですが、プラチナなど別の鉄分と混ぜてしまうと、変色も起こりえるのでしょう。

本日はこの変色についてご紹介させていただきます。

まずは白い色に変色した場合ですが、実は金は水銀に触れると白くなってしまいます。

実は一旦白くなってしまった金は元には戻りませんのでお気をつけください。

もちろん、金の買取店でも値段はつかないでしょう。

次に金を温泉などに持っていくと、黒くなってしまうのは皆さんもご存知かと思います。

この黒は、磨けばすぐ元に戻ります。

最後に、赤紫色の変色ですが、これは実は金が擦れてろうのようなものを作りだしているのです。

これもまた、磨けばすぐには色は戻ってきますが、注意が必要です。

金などの貴金属を取り扱う際は、ある程度汚れに敏感になる必要があります。

上記の変色にも例外はもちろん存在し、磨けば消えるはずの汚れも、全然起きない場合もあります。

そんな時は、ご自信のためにもしっかりとはじめからケアが必要でしょう。

買取店にもって行っても黒ずんでしまったものは高くは買ってくれないため、しっかりと磨き上げる必要があります。

もし皆さんも金のアクセサリーをお持ちでしたら、とりあえずまずは自分のアクセサリーが無事か確認してください。

その後、どうしたらいいかを確認kするのもいいかもしれませんね。

参考ページ=>【自分でできる!女子のためのアクセサリーお手入れ講座